夏用マスクにはどんな生地が向いている?涼しい生地で手づくりマスクを作ろう!

息抜きのお散歩も汗ばむ陽気になってきましたね。
徐々に規制も緩和され始めていますが、まだまだ油断はできず、この夏はマスクとともに過ごすことになりそうです。

そこで、少しでも涼しいマスクができないかな?と思い、coccaの生地でいろんなマスクを作ってみました!
ぜひ参考になさってくださいね。


1.リネン100%素材
まずは夏の素材といえば!のリネン。
麻の生地は吸水性に優れた天然繊維で、天然の抗菌作用が含まれていると言われています。
coccaでは薄いタイプと厚いタイプのリネン生地を用意していますが、薄いタイプの2枚重ねで作ってみました。

【使った生地】Coup de Coeur リネン薄手
※画像クリックで商品ページに飛びます

どうでしょう?味があってナチュラルな表情です。
付け心地もサラッとしていて気持ちが良いのですが、目が粗いので内側にフィルターポケットを付けるのがおすすめです。

 


2.コットン100%コンパス素材
続いて、折り目の細かい、やや透け感のあるコンパス素材。 
こちらも吸水性・耐久性に長けていて、ハンカチやバンダナの素材として人気の生地です。

【使った生地】egg press ~WILD FLORAL~
※画像クリックで商品ページに飛びます


生地が薄手なので3枚重ねで作ってみたのですが、付けた感想は、軽いっ!でした。
個人的にはダブルガーゼよりも呼吸しやすい印象です。


3.コットン100%リップル素材
今回色々と作った中での1番のおすすめが、表面がポコポコしたリップル素材!
シアサッカー素材、クレープ素材のような生地で、子どもの甚平などにもよく使われていますね。
ポコポコとしている分肌との設置面積が少ないので、汗ばんでもさらっと快適なのです。見た目も涼し気です。

【使った生地】
上…
kuiskaus by Sawako Ura〜KIMALLUS (キマッルス) きらめき〜
下…KOKKA オリジナル 手描きストライプ 綿リップル
※画像クリックで商品ページに飛びます

  

リップル素材は、生地をぎゅっと強制的に縮める加工で凹凸感を作るのですが、
その加工の際に、より目が詰まり、密度の高い生地になります。


【使った生地】手書き風小紋柄 綿100%リップル
※画像クリックで商品ページに飛びます
※ [追記] こちらの生地は5月28日から発売スタートしました!


ただ、生地自体の密度は高いものの、やはり薄手生地ではあるので、3枚重ねやフィルターポケットアリにするのが安心ですね。




また、口元はやっぱりガーゼがいいな、という方には、コットンリネン素材のダブルガーゼ生地がおすすめです!

※画像クリックで商品一覧に飛びます

このほかにも、工夫次第で涼しいマスクができますのでぜひ色々と試してみて下さいね。

 

今回ご紹介した生地が購入できる
web store トップページはこちらから!

 

=============

<マスク型紙・無料レシピ公開中>
コッカが発信する、生地の情報サイト「kokka fabric」で無料公開中です。
大人用・子供用どちらもご用意しています。

★ダウンロードはこちらから (※kokka fabricへ飛びます)




*布マスクはウイルスの侵入を防ぐものではありませんが、飛沫防止には一定の効果が期待できます。
*夏場は特に清潔を保つために正しく洗濯をしお手入れすることを推奨いたします。