4月4日は【あんぱんの日!】


どんなパン屋さんにも必ずあって
昔から親しまれてきた"あんぱん"
 
実は、4月4日は「あんぱんの日
と呼ばれているのをご存知でしょうか?



今回は「あんぱんの日」の由来と共に
ユニークでこだわりの詰まった
あんぱんのファブリックをご紹介します
 
 
あんぱんの日とは?
 
明治8年(1875) 4月4日に、
元祖あんぱんを作った老舗「銀座 木村屋」が
お花見をする際にお茶菓子として
明治天皇へあんぱんを献上した日が
あんぱんの日の由来となっています。
 
 
甘くておいしい食べるあんぱんも
もちろんですが、
cocca online shopでは
ロングセラーで愛され続ける
あんぱんのファブリックがあります。
 
 
MUDDY WORKS by Tomotake


泥染めの布やオリジナルの
テキスタイルを使って、
布ものの雑貨を中心に製作されている
朝武雅裕さん、広子さんご夫婦のユニット
"MUDDY WORKS by Tomotake"
 
 
 
販売当時から大人気のあんぱんシリーズは、
パン屋さんのトレーにあんぱんが
沢山並んでいる様子を表現できるように、
正円ではなくちょっとずつ違う形の
あんパン型を作って
ランダムに並べて作られました。


 4月4日は【あんぱんの日!】

あんパンのシルエットとケシと
ゴマのディティール。
主張しすぎないシンプルなデザインが
愛され続けています。
 
 
今では定番のふんわり優しい肌触りの
ダブルガーゼや、
ざっくりとした生地感が人気の
綿モーリーをはじめ、
播州織のジャガード生地やラミネートなど
素材もカラーもバリエーション豊富に。

"MUDDY WORKS by Tomotake"あんぱんガーゼ 
クッションカバーやテーブルクロスなど
くらしの中のアイテムに
あんぱんのファブリックを
ぜひ取り入れてみて下さいね
 
 
あんぱんシリーズの誕生秘話が気になる方は
▼こちらをぜひご一読下さい
MUDDY WORKS by Tomotake Visit artist file 021